別れの曲

“ピアノの詩人”ショパンの愛と青春。
「別れの曲」の命名の由来となった音楽映画の傑作!
※バリアフリー上映未対応(バリアフリー上映用の素材はご提供できません)



(何でもお気軽にお問い合わせください)

金額

基本料金:80,000円
【上映料について】
80,000円(1名につき500円×160人相当)を基本料金として申し受けます。また、入場者が160名を超えた場合には、161名様より「1人につき500円」を追加でご請求させていただきます。
※表示価格は税抜です。
【ご精算】
上映後に観客動員数レポートをご提出いただき、それに基づく請求書(基本料金+追加がある場合は追加上映料金)を発行させていただきます。
※チラシ、ポスターの印刷費用の半額については、事前にご連絡・ご確認いただければ、上記精算額から控除する対象となります。

商品説明

イントロダクション

激動のワルシャワから芸術の都パリへ…… “ピアノの詩人”ショパンの若き日の愛と苦悩を、初恋の人コンスタンティアとの悲恋を縦糸に、ジョルジュ・サンドやフランツ・リストら豪華な登場人物たちとの交流を横糸にして、鮮やかに描き出す。

1934年に制作された本作は、翌年の1935年に日本でも公開され大ヒット。 メインのテーマ曲《エチュード第3番ホ長調》が流れるシーンは見るものの涙を誘い、以来、本作にちなんで《別れの曲》と広く呼ばれるショパンの代表作として定着しました。

スタッフ

監督:ゲツァ・フォン・ボルヴァリー

キャスト

ヴォルフガング・リーベンアイナー、ハンナ・ヴァーグ、他

製作国

ドイツ

上映時間

91分

製作年

1934年

原題

Abschiedswalzer

ジャンル

伝記/音楽/ラブストーリー

言語

ドイツ語(日本語字幕付き)

作品公式サイト

http://www.tk-telefilm.co.jp/chopin.html

公開情報

2010年4月29日 東京都写真美術館ホールほかにてロードショー(配給:T&Kテレフィルム)

上映素材

DVD

関連記事

  1. 真夜中の処刑ゲーム

  2. アニエスの浜辺

  3. ジョン・レノン,ニューヨーク

  4. 【劇場権あり】長く熱い週末

  5. 【劇場権あり】ブリキの太鼓〈劇場公開版〉

  6. マザー・テレサとその世界