アリラン

¥ 50,000

カンヌ、ベルリン、ヴェネチア。世界三大映画祭を制覇した鬼才キム・ギドク。
心の傷に向き合い、自分自身に徹底的に問いかける。
究極の“自問自答”ドキュメンタリーにして、前代未聞のエンタテイメント!

基本料金50,000円(500円×100人) 101名様より1人につき500円を追加請求いたします。※税抜

商品説明

【イントロダクション】

カンヌ、ベルリン、ヴェネチア。世界三大映画祭を制覇した鬼才キム・ギドク。
1年に1本以上のペースで精力的に映画を作り続けてきた彼が、オダギリジョーを主演に迎えた話題作 『悲夢』(08)の後、表舞台から突然、姿を消した。

3年間、彼は一体どこでなにをしていたのか―?
なぜ映画を撮らなかったのか?
そして、3年の沈黙を破って発表したのが本作『アリラン』だ。

その謎は本作ですべて明かされる。隠遁生活をおくる雪深い山小屋で、栄光の影で人知れず傷を深めていった人間の心の叫びが、カメラに向かって語られるのだ。 とはいえ本作は、一監督の悲痛な吐露では終わらない。
尋ねる自分と、答える自分、そしてそれを客観的に分析する自分と、阿修羅像も顔負けの一人三役を演じるばかりか、自身の影まで登場させるなど観客を楽しませる仕掛けが満載。さらには殺し屋にまでなってしまうという奇想天外な展開もスリリングだ。
転んでもタダでは起きない精神と、鬼才の面目躍如といえる大胆不敵な演出で、異色のエンタテインメントへと昇華させていく。
人間誰しも自信をなくし、殻に閉じこもってしまいたくなる痛みを抱えて生きている。その痛みと正面から向き合うことで、それもいつしか自分の血肉となるということを鬼才は本作で証明した。
ひとりの人間の心の叫びが、唯一無二の作品へと結実していく様は、ある種の感動を呼ぶだろう。

【スタッフ】

監督・脚本・撮影・編集・音響・美術・出演:キム・ギドク

【キャスト】

キム・ギドク

【製作国】

韓国

【上映時間】

55分

【制作年】

2011年

【原題】

Arirang

【コピーライト】

? 2011 KIM Ki-duk Film production.

【ジャンル】

ドキュメンタリー

【言語】

韓国語(日本語字幕付き)

【作品公式サイト】

【公開情報】

2012年3月3日 シアター・イメージフォーラムほかにてロードショー(配給:クレストインターナショナル)

【上映素材】

DVD

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。